愛知インプラント情報 TOPページ >> 治療のバリエーション

この場合、従来は欠損した歯の両サイドを削ってブリッジという選択肢しかありませんでした。インプラント治療を用いることにより、健康な天然歯を削らずに欠損した歯の修復ができます。また、ケースによりインプラントのオペをした即日に咬めるようになります。

レントゲン検査などを行い治療計画を立てていきます。
インプラントを埋入し、仮歯を装着した後、骨に結合するのを数ヶ月待ちます。
セラミックのクラウンを装着して完了。新しい歯は装着感も機能も天然歯と同様になります。



欠損した奥歯をインプラントで修復すれば、強度と安定性が得られ、好きなものを何でも食べられるようになります。また顎骨も顔の外観も保たれます。

奥歯が 3 本欠損しています。この場合の治療法の1つとして、固定ブリッジを装着することです。
まず、インプラントを埋入し仮のブリッジを装着します。この状態でも通常通りに生活ができます。
セ 顎骨と結合するのを待ち、最終的なブリッジを装着します。通常インプラント埋入から 1 〜 2 ヶ月後に行います。



すべての歯が欠損している場合や、すべての歯を歯根から入れ替える必要がある場合は、インプラントを支台とした固定ブリッジを装着することができます。

医師が症状を診断し、今後の治療手順に必要な準備を行います。
インプラントを埋入して、失われた歯根を修復します。同時に仮歯を装着するため、通常通りの生活ができます。
インプラントに最終ブリッジをしっかりと装着します。装着後 2 〜 3 回の調整をして完了。




  インプラント治療とはインプラント治療の流れ|他の治療との比較|治療のバリエーション|どんな人にオススメなの?
治療の術前・術後の注意点|安全性や成功率について|インプラント用語集|インプラントQ&A|歯科医院選びのポイン
インプラントの治療費について|医療費控除について|運営医院紹介|サイトマップ|HOME
愛知インプラント情報
愛知県津島市にある高嶋歯科医院が発信するインプラント情報サイト
 
Copyright 2007 takashima Dental Clinic. All rights reserved