愛知インプラント情報 TOPページ >> 安全性や成功率について

インプラントは外科的な治療が必要になります。治療を行なうにあたって、ほとんどの患者様が安全性や痛みなどに不安を感じることは事実です。外科的な治療としてはさほど大掛かりな治療ではないものの、顎の骨を削りインプラント体を埋め込む作業が必要な治療法です。インプラントの治療方法は、既に40年以上の臨床実績があり確立された安全な治療方法と言えるでしょう。
インプラント治療も日々進化しています。インプラント治療の前にこれから受けるインプラントの安全性などを知ることで、恐怖心や不安感をなくしましょう。


インプラントの素材は、チタンで形成されています。 40 年以上の臨床研究により、チタンという素材が人体に拒絶反応を与えず、時間を経過することで、骨と結合する(オッセオインテグレーション)ことが確認されております。このチタンの特性を利用し、人工的に歯の土台である歯根を造り、人工的な歯を立てることで、丈夫で安定した治療を施すことができるのです。また、インプラント治療で使用するチタンは金属アレルギーの報告が最も少ないので、安心して治療を受けていただくことができます。



インプラント体自体も日々研究を重ねて改良され進化していますので、その残存率は飛躍的に伸びているのが現状です。

しかし、過去のデータは、未来の個人の症例に当てはまるものではありません。治療後の清掃状態、咬み合わせなどによって、インプラント治療の未来は大きく影響されます。主治医の先生の指示に従って、日頃のお手入れや定期健診など、患者様自身のケアをしっかりと行い、長く快適にインプラントを使っていけるようにしましょう。


  インプラント治療とはインプラント治療の流れ|他の治療との比較|治療のバリエーション|どんな人にオススメなの?
治療の術前・術後の注意点|安全性や成功率について|インプラント用語集|インプラントQ&A|歯科医院選びのポイン
インプラントの治療費について|医療費控除について|運営医院紹介|サイトマップ|HOME
愛知インプラント情報
愛知県津島市にある高嶋歯科医院が発信するインプラント情報サイト
 
Copyright 2007 takashima Dental Clinic. All rights reserved