愛知インプラント情報 TOPページ >> 他の治療との比較

今までは失った歯を修復するためには人工クラウン(かぶせ物)やブリッジ、取り外し式の部分的な入れ歯、総入れ歯が利用されてきました。しかし、これらの治療法は隣の健康な歯を削らなければならない、違和感があるといった弊害がありました。

また、従来の治療では失われた歯根までもを回復させるすべはなく、歯がなくなることによって出来た顎の骨の中の空洞は放置されたままでした。そのまま歯の中の空洞がありますと、顎骨が萎縮する危険がありました。本来あるべき骨量が年月と共に大量に減少し、骨は萎縮した状態になってしまう場合もあるのです。それが原因となり入れ歯はフィットしなくなる場合もあります。


■歯を 1 本失った場合
インプラント治療
健康な歯をまったく削りません。歯の無い部分にインプラントを入れます。
従来の治療(ブリッジ)

健康な歯を削ってブリッジにします。


■歯が数本抜けた場合
インプラント治療

針金付きの入れ歯ではなく、歯の無い部分に適切な数のインプラントを入れ固定式の人工歯を取り付けます。

従来の治療(部分入れ歯)

入れ歯を固定するための針金が見た目だけでなく機能的にも不快です。


■歯が全部抜けた場合 合
インプラント治療

2 本のインプラントを入れて入れ歯の固定源となる維持装置を取り付けます。

従来の治療(総入れ歯)

入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛かったりすることがあります。



@ 取り外し式の入れ歯に代わって、固定式の入れ歯を入れることができます。
A 取り外し式の入れ歯の場合でも、インプラント上にしっかりと固定されますので、通常の入れ歯のようなズレや食べ物のかけらが入った時の痛みがなくなります。
B インプラントによる入れ歯なら、天然の歯とほとんど同じ感覚で噛めます。
C 自然な外観や表情を取り戻すことができ、人前で話すこともまったく平気です。
D 噛む機能が回復することで食べ物の制限がなくなり、バランスの良い食事が楽しめます。
E 楽しい食事は体を健康に保つだけでなく、心までも健康にします。

 



  インプラント治療とはインプラント治療の流れ|他の治療との比較|治療のバリエーション|どんな人にオススメなの?
治療の術前・術後の注意点|安全性や成功率について|インプラント用語集|インプラントQ&A|歯科医院選びのポイン
インプラントの治療費について|医療費控除について|運営医院紹介|サイトマップ|HOME
愛知インプラント情報
愛知県津島市にある高嶋歯科医院が発信するインプラント情報サイト
 
Copyright 2007 takashima Dental Clinic. All rights reserved